ルイくんと暮らす毎日に

わんことの暮らし、好きなもの、いろいろ綴ります。

目に白い点、角膜ジストロフィーって?

お誕生から1歳4か月、ある日いつものように遊んでいた上の娘が、

「ルイ目に白い点あるやん?」

と言われてみると、確かに右目の中央に1,2mmの白い小さな点が。

何か違和感あったけど、光の反射かと思ってた。

 

「よく見てるなぁ」と思ってたら、

「これちゃう?」って、病気を検索したスマホを見せてきた。

そこには、目全体に白い色が広がった犬の写真…

え?一瞬息がとまる。

「角膜ジストロフィー」失明まではしないものの見えにくくなることもあるらしい。

読むと、白内障は目の奥の水晶体で起こるのに対し、目の表面の「角膜」で起こるということ。

原因は不明なものの、遺伝が考えられるそうで、予防法もないそう。

 

ルイくんの黒いお目目が白くなっちゃうかもしれない。
そうなったら悲しい。

けど、下の娘が「どんな姿になってもずっとルイのこと好きだよ」って。

確かに、そうだ。ルイはルイだ。飼い主がしっかりしなくちゃ。

 

まずはお医者さんに診てもらおう。

 

ちょうど、混合ワクチンの接種時期だったのもあり、週末病院で診てみらった。

まずは、混合ワクチン接種。

嫌がらないでじっとしてる。えらいねってほめられる。

「何か気になるところはありますか?」と、先生。

「実は最近目に白い点があって」

先生ライトでルイくんの目を照らして診たあと、奥から本を持ってきて説明してくれた。

「角膜ジストロフィーですね」。

そして、そこには目全体が白くなった犬の写真が…

あぁ、やっぱり。

「脂質か、カルシウムかが目についたんですね。今は痛くもないし、見えにくくもないですよ。一過性のものかもしれないので、このままひいていくこともあります。」とのこと。

「春になっても、まだ残っているようなら、血液検査をしましょう。で、悪さをするものがあれば、対処しましょう。」

血液検査で、他に悪さをするものがないか調べるそう。

併発する病気がなければ、日常生活に生活をきたすほどではないらしい。

見えにくくなっても犬は嗅覚や聴覚も敏感なので補えるからか、先生の口ぶりも深刻ではなかった。

 

とりあえず、心配だけれど春まで様子を見ることに。

あとで上の娘に聞いたら、「実は前から気になってた」とのこと。

「え、いつから?」

「9月くらいかなあ。病気とは思わなかったけど…」

そういえば、そのころから目ヤニが多かった。白目もちょっと充血してた。

そんなにひどくなかったし、そのままにしてたな。

毎日お世話してるものの、いつも目に光入ってるし近くが見えにくいのもあって気づいてなかった。

食事療法している人もいるみたいだけれど…

ただでさえ、食べムラあるしなぁ。

 

春までに白い斑点が消えますように。