ルイくんと暮らす毎日に

わんことの暮らし、好きなもの、いろいろ綴ります。

目に白い点、角膜ジストロフィーその後

過ごしやすい気候になりました。

ルイくんも早いもので1歳半。

4月は、子どもたちも新学期が始まり、私も出社の日が増えて、ルイくんはお留守番ばかり。

朝玄関を出るとき、窓から「くぉーん、くぉーん」って、切なそうな遠吠えの声が聞こえてきます。

「ごめんね。かわいそうだけど、いい子でお留守番しててね。」

帰宅後や、在宅の日は前以上にくっついてくるのが、カワイイ。

休日も、何かと忙しく近所のお散歩ばかりの今日この頃です。

冬に、目に白い斑点があることに気づいて、病院で診てもらっていたルイくん。

「自然になくなることもあるので、春まで様子を見ましょう」と言われていました。

斑点は大きくはなってないもののなくならず…

痛いのか、右目だけ少し細くなっていることが多く、気になっていました。

狂犬病ワクチン接種の時に併せて目も診察、他の病気で目に悪さをしているものがないか、血液検査をしてもらいました。

他の病気があれば、薬の服用で治ったり、カルシウム値が高ければ、食事制限でひいてくることもあるとのこと。

目が充血しているので、角膜の刺激を抑えるために目薬を処方してもらう。

目薬、差せるかな。

「気づかれないように後ろから差したらいいですよ」と、差し方を教えてもらい、自宅でやってみる。

最初は気づかれずにできたけど、3回目からは目薬を持つと気づいて、体をのけぞらせたり、顔を下に向けて嫌がる。

「嫌がったらやめてくださいね」と先生に言われたものの、良くなってほしいし、攻防戦を続けていた。

嫌がられながらも、差していたら充血もひいて、目の大きさも戻ってきたかな。

その後、血液検査の結果を聞きに行くと、カルシウムなどすべて基準値内で、問題ないとのこと。

ひとまず、健康でよかった。

でも、食事制限や、薬では良くならないようで、白い斑点を取るには、動物病院の眼科でレーザーで取るしかないのだそう。

眼科専門の動物病院があることを初めて知ったけれど、今のところ斑点も小さいし生活には支障がなので、そのまま様子を見ることに。

 

そして白い斑点が広がらないように、予防として角膜保護のために目薬を続けることにしました。

ただでさえ目の周りの毛はすぐに伸びて、目に入って痛そうになることがしばしば。

目元も、朝夕拭いてあげないと、目の周りがすぐに赤くなってしまう。

なかなか、目には気をつかいます。

ルイくんの白い斑点、広がらなかったらいいなあ。

 

みのおキューズモール、犬とお出かけ

今日は暑いくらいの陽気。

久しぶりにルイくんとおでかけ。

 

3月は、娘2人の卒業式、入学手続きとバタバタで、なかなかルイくんとお出かけできなかった。。。

おまけに娘と韓国旅行に行き、ルイくんはパパと兄とお留守番。空港までパパとお迎えに来てくれたルイくんが、とっても愛おしかったなぁ。

 

4月になっても新生活のバタバタと、私も出社が増えたからルイくんは毎日お留守番。朝、みんなが出ていくと、悲しそうに鳴いていたね。

 

寂しい思いをさせただろうなと思うけど、ルイくんに慣れてもらうしかないなあ。

今日は、お天気もいいし、お買い物を兼ねて「みのおキューズモール」へ。

 

3月末に開業した北大阪急行電鉄の新駅「箕面萱野駅」。

やっとできた。という感じ。

新駅開業に合わせて「みのおキューズモール STATION棟」も、オープンしていた。
魅力的なお店が入ってるけど、わんこ連れでは入店できないのが残念。
飲食店が多いし、仕方ないかな。

 

川が流れて、開放的なロケーション。

カルフールとして施設がオープンしたころから子どもを連れてよく来ていたけれど、新しい棟ができ、新駅も開通して、すごくにぎわった感じ。

今回初めてわんこ連れで来たけれど、小さい子どもだけでなく、わんこのお散歩にいい施設だなと、再認識しました。

 

まず、施設内にウンチボックスが3箇所。デザインがスマートです。

それに施設内のウッドデッキや、店内の一部ルートが、キャリーバッグ・キャリーカートで通れるので、キャリーカートの犬連れも多い。

リードでお散歩しているわんこもたくさん。

小さいけれど、ドッグランもありました。

小型犬のみですが、自由に入れます。

入ったところに、足を洗うシャワーと、おしっこさせるポールがあって、

おしっこをさせてボタンを押すと水が流れるんだそう。

 

ルイくんも、まずここでおしっこさせようと思って近づけたけど、やってくれない。

おしっこのニオイがしないから興味がないのか。

そんなに広くないからか空いていて、先に遊んでたトイプードルちゃんとごあいさつ。

 

奥にフォトスポットもありましたよ。

イムリーな新駅のパネルをバックにパチリ。

箕面だけに、犬猿の仲のおさるさんも描いてあるのが、心憎い。

 

ウッドデッキや、小川が流れる街路もわんこのお散歩にぴったり。

街路のお散歩には、中・大型犬もちらほら。ここでも相変わらず、ルイくんはニオイ嗅ぎに夢中でした。

 

お店も一部犬同伴可の所があり、各店舗出入り口に表示があります。

飲食店のテラス席もあるし、店内に犬同伴で入れないお店も店舗前やベンチにリードフックが付いているので活用できそう。

 

そしてこの施設の好きなところは、川が流れていてるところかな。

風も流れて、すごく開放感がある。

買い物に行っている間に、川沿いで遊んでてね。

暑い日だから、舌出ぱなっし。

笑ってるみたいで、好きだなぁ。

 

 

 

 

噛み癖、誤飲で病院へ、ボタンを5個!

2月は姉妹のダブル受験でしたが、なんとか志望校に決まり、ほっと一安心。
手続きやら、部屋の片づけやら、何かと忙しかった。

 

そんなこんなでバタバタしている中、ルイくん遊んでもらえなくて暇だったのか、久々誤飲騒ぎ。

1歳前後からルイくんと一緒に夜寝ていますが、ある日寒いかなとルイくんに服を着せたまま就寝。

次の日、朝見ると服を脱いでた。

あれ、暑かったのかな。

と思って、服をそのまま片付けたのですが…

 

その夜、服を着せようとすると、「あれ?ボタンがない?」

一瞬訳が分からなかったけれど、「そういえば朝、服脱いでた…」

もしかして、夜みんなが寝てる間にルイくんボタンを食べてた?

しかも5個全部?

え、ショック。

寝ている間にやられたらどうしようもできない。

お腹大丈夫?
今日ずっと元気だったけど…ウンチも出たし。

時間は夜の8時過ぎ。もう病院も開いてない。

そもそも、朝には既に誤飲済みだからかなり時間が経っている。
今症状が出てないってことは、大丈夫なんだろうか…
でも、ボタン5個って、かなりよね。

ボタンが落ちてないか、念入りに探す。

あった、欠片だけど。断面を見ると飾りボタンのせいかかなり薄かった。

薄いから、バリバリに噛んで、ウンチで出てきてくれたらいいんだけど。

とりあえず、腸閉塞になると怖いから、明日病院で診てもらおう。

 

その日の夜は、寝ている間の誤飲が怖くて、久しぶりにケージに。

でも「くぅーん、くぅーん」

時々控えめに「ワン、ワン」

と鳴くので、やっぱり一緒に寝ることに。

まあ、誤飲するものが周りになければ大丈夫かな。

 

次の日、在宅ワークのお昼休みを早めに取り、近所の動物病院へ。

雨だから空いていて、すぐに診てもらえた。

状況を説明後、

先生「なんで食べちゃったんだろうねぇ」と言いながら

「腸閉塞になってないか診ましょうね」。

エリザベスカラーをつけてルイくんをあおむけに。

助手2人が慣れた様子で、前足と後ろ足を抑える。
ルイくん、黙って我慢。

お腹周りをエコーで診ると、詰まってはないとのこと。

「2.3日、遅くても1週間で流れて出てくるでしょう。便を見ておいてくださいね。」

「下痢になったり、お腹壊すかもですが、胃腸の働きをよくする薬と、整腸剤を出しておきますね。」

あーよかった。

しかし、1歳過ぎても誤飲するんだな。
ちょっと落ち着いたかと思って油断してた。

目が離せないったら、ありゃしない。

 

しかし、ルイくん暇だったんだろうな。


そういえば、前も夜中にいたずらしてたな。
買ったばかりの布団カバーのチャックを一晩で壊された。

構ってもらえないと、やっちゃうのかも。
また、遊んであげないとね。

 

 

茨木のドッグラン「ぷらすわん」へおでかけ

週末に大阪府茨木市にある「ぷらすわん」さんへ遊びに行きました。

ドッグランだけでなく、トリミングやペットホテル、幼稚園、しつけ教室まであります。

受付で、混合ワクチン、狂犬病ワクチンの接種証明書を提示後、住所など必要事項を記載。

そちらにドッグランの利用条件や、注意事項も詳しく書いてあり、「人や犬に攻撃性がないか」など細かくチェック項目がありました。

しっかり管理されているドッグランですね。

料金は、半年パスもあるようですが、とりあえず様子見で2時間1,650円。

犬1頭につき入場が2人まで無料で、今回3人で訪れたので追加料金330円。

 

受付後スタッフの方が場内へ案内してくれて、丁寧に説明していただきました。

ドッグランは3面あり、奥にかなり大きいドッグラン。手前に中、左手に小さいドッグラン。

尋ねると、大型犬、小型犬などの犬種では分かれてないようで、飼い主さんの判断で自由に行き来してくださいとのことでした。

こちらのドッグランは「みんながハッピーになれるドッグラン」がテーマだから、あえて犬種で分けてないのかな。

 

奥のドッグランはとても広々していて魅力的ですが、大きいわんちゃんが多くてルイくんは怖がりそうだから、まずは手前の中サイズのドッグランへ。

先に遊んでたわんちゃんが気に入ってくれたようで、積極的に来てくれました。

でもルイくん、ぐいぐい来られると逃げちゃうので、追いかけっこみたいになってた。いっぱい走れたからいいか。

屋根のある場所に、椅子、荷物が置ける机があるのがうれしい。

排泄箇所に使う消臭スプレーやビニール袋、足洗い場、足ふき用タオルも置いてあるのも、細やかな気配りですね。

 

有料でセルフシャンプーができる場所もあるようです。

中サイズのドッグランですが、ルイくんが走り回るには十分。

飛ぶように走るルイくん。こういう姿を見ると、連れてきてよかったなと思います。

 

アジリティもありました。

ラン内の倉庫にスポーツ用品が入っていて、自由に組み立てて遊んでいいそうです。

本格的なスポーツ用具が入ってましたが、HPを見ると、色んなドッグスポーツ教室もされてる様子。

アジリティやフライボール、ドッグダンスまで。

普通のしつけ教室だけじゃないんですね。わんちゃんにもスポーツ教室があるって初めて知りました。面白そうです。

 

小径を抜けて、小さい方のドッグランへ。

けど、そこで、ちょっとショックな出来事が…

飼い主の投げるおもちゃを繰り返し拾って遊んでいるわんちゃんがいて、おもちゃが私たちの後ろに飛んできたので、思わず私が拾ってわんちゃんの方に投げたんですが…

良かれと思ったけど、それが良くなかったようです。

ルイくんも少し反応して動いたせい?そのわんちゃんおもちゃを取られたと思ったのか、ルイくんに飛びかかってきました。

えっ?

一瞬の出来事。

気づくとワンちゃんはルイくんの上に乗って、今にもかみつきそうな勢い。

必死で、引き離そうとしていたら、飼い主さんも寄ってきてくれました。

すぐにルイくんを抱きかかえましたが、幸いけがはなさそう。

「こわかった…」娘もびっくりしたよう。

ドッグランはこういうトラブルもあるんですね。

私も、安易に他のわんちゃんのものに手を出してはいけないと反省…

 

夏場にはプールもあるようで、とても広くて魅力的な施設でしたが、ルイくんはやはり小型犬エリアがある方がいいかな。

 

そのあとしばらく、ルイくんが安心できるようお家で密着して過ごしました。
そのせいか、ルイくんもいつも以上に甘えんぼでかわいくて…

その後もお散歩で他のわんちゃんに寄って行くので、トラウマはなさそう。
よかった…

きっと、犬社会も色々あるんだね。
懲りずに、また遊びに行こうね、ルイくん。

 

 



 

目に白い点、角膜ジストロフィーって?

お誕生から1歳4か月、ある日いつものように遊んでいた上の娘が、

「ルイ目に白い点あるやん?」

と言われてみると、確かに右目の中央に1,2mmの白い小さな点が。

何か違和感あったけど、光の反射かと思ってた。

 

「よく見てるなぁ」と思ってたら、

「これちゃう?」って、病気を検索したスマホを見せてきた。

そこには、目全体に白い色が広がった犬の写真…

え?一瞬息がとまる。

「角膜ジストロフィー」失明まではしないものの見えにくくなることもあるらしい。

読むと、白内障は目の奥の水晶体で起こるのに対し、目の表面の「角膜」で起こるということ。

原因は不明なものの、遺伝が考えられるそうで、予防法もないそう。

 

ルイくんの黒いお目目が白くなっちゃうかもしれない。
そうなったら悲しい。

けど、下の娘が「どんな姿になってもずっとルイのこと好きだよ」って。

確かに、そうだ。ルイはルイだ。飼い主がしっかりしなくちゃ。

 

まずはお医者さんに診てもらおう。

 

ちょうど、混合ワクチンの接種時期だったのもあり、週末病院で診てみらった。

まずは、混合ワクチン接種。

嫌がらないでじっとしてる。えらいねってほめられる。

「何か気になるところはありますか?」と、先生。

「実は最近目に白い点があって」

先生ライトでルイくんの目を照らして診たあと、奥から本を持ってきて説明してくれた。

「角膜ジストロフィーですね」。

そして、そこには目全体が白くなった犬の写真が…

あぁ、やっぱり。

「脂質か、カルシウムかが目についたんですね。今は痛くもないし、見えにくくもないですよ。一過性のものかもしれないので、このままひいていくこともあります。」とのこと。

「春になっても、まだ残っているようなら、血液検査をしましょう。で、悪さをするものがあれば、対処しましょう。」

血液検査で、他に悪さをするものがないか調べるそう。

併発する病気がなければ、日常生活に生活をきたすほどではないらしい。

見えにくくなっても犬は嗅覚や聴覚も敏感なので補えるからか、先生の口ぶりも深刻ではなかった。

 

とりあえず、心配だけれど春まで様子を見ることに。

あとで上の娘に聞いたら、「実は前から気になってた」とのこと。

「え、いつから?」

「9月くらいかなあ。病気とは思わなかったけど…」

そういえば、そのころから目ヤニが多かった。白目もちょっと充血してた。

そんなにひどくなかったし、そのままにしてたな。

毎日お世話してるものの、いつも目に光入ってるし気づいてなかった。

先生に、気を付けたほうがいいことを伺うと、

「脂質の多いものは控えた方がいいですね」

「オヤツはあげなくていいですよ」

とのこと。

じゃあ、脂質の少ないものを選んであげてみよう。

 

春までに白い斑点が消えますように。

 

 

枚方市東部公園へ、犬とお出かけ

本格的に寒くなってきました。

わんこを飼うまでこんなに犬が寒がりとは知りませんでした。

最近のルイくん、あれいない?と思ったら、布団からちょっぴり毛が。

そっとのぞいてみると…

見つけましたよ。

お布団気持ちいいよね。

 

ひなたぼっこも大好き。

ベランダで「お腹なでて」ってゴロン。

南東向きリビングなので、朝日も心地よいらしい。

午後からは私の足元のヒーターであったか。

寒いけど、ルイくんを抱っこすると、ほわほわで幸せ感じる毎日です。

 

そして、今日は枚方市東部公園へ。

国道307号を東へ進み、すぐ隣は京田辺市という枚方市の端っこ。
東部公園の出入り口は北側のみで、すぐ駐車場があります。
かなりの台数(
88台)ありますが、枚方市唯一の硬式野球場もあり、結構混んでました。この日は停めれましたが、土日は満車になることもあるようです。

駐車場からたくさんのわんこに出会います。

かなり大型犬も多いですね。

野球場を右に見ながら進みます。

進むと、遊具のある広場が見えます。すぐ左手にドッグランがありました。

小型犬と中大型犬エリアに分かれてるのが助かります。

入り口前にはご丁寧にサイズの基準が掲示されてました。
わかりやすい。

2重のゲート内に利用ルールもありました。

入ってみると…

めちゃくちゃ混んでる!

小型犬ばかりですが、犬も人もかなりの密集具合。

こんな混んでるドッグラン、初めて。
のびのび走り回らせてあげたかったけど、これではぶつかるね。

走ると、追いかけられる。追いかけられて、逃げる。って感じかな。

でも、たくさんのお友達。ニオイを嗅ぐのは好きだから、くんくん。

いつもの散歩ではなかなかお友達に会えないから、ニオイ嗅ぎがうれしいみたい。

周りのニオイも気になるようでずっとニオイ嗅ぎしてた。

パパのくしゃみの音を聞いて、戻ってきたルイくん。

色んなおともだちがいて、大人しそうなわんちゃんにあいさつに行ったり、グイグイくる子が怖かったら私たちの後ろに逃げてきたりと、やや緊張気味。

ルイくんの怖がりの性格がよくわかりました。

けど、震えたり、吠えたりはなかったから、ちょっとは犬社会に慣れてきたのかな。

小型犬でも、いろんな種類のわんちゃんがいたし、犬慣れにはいいかもだけど、今度は広いところで走り回らせてあげたいな。

 

北野天満宮犬連れ~嵐山・高尾ドッグランへおでかけ

北野天満宮へ合格祈願に行きました。

 

お出かけの気配を感じて、自分からバッグに入って玄関で待ってるルイくんです。

 

学問の神様といわれる菅原道真公をおまつりする、京都の北野天満宮

受験生の娘の合格祈願と初詣を兼ねて参拝しました。

 

北野天満宮の公式サイトによると、境内の犬の散歩はダメですが、抱っこかペットカートなら犬連れで参拝できるとのことなので、ルイも連れて行くことに。

 

一の鳥居

今出川通り沿いの大鳥居。
参拝駐車場があるのですが、今出川通りが渋滞していて、近くのコインパーキングに停めて、ルイの散歩がてら一の鳥居まで歩きました。

短時間なので結果的にその方が安く済むことに。

ルイくんをスリングに入れて、一礼して鳥居をくぐります。

参道には屋台もならんで食べ物のいい匂い。

気になるけど、ルイくんが興奮しないようさっさと通り過ぎよっと。

 

しばらく行くと、楼門

干支の大絵馬が迫力。

 

本殿前の三光門

 

こちらは重要文化財に指定されています。

彩色された彫刻が美しく、「天満宮」の文字は後西天皇直筆によるものだとか。

 

御本殿

三光門をくぐると、国宝の御本殿が見えましたが、前には人の列が。

お正月明けの週末でしたが、やはりしばらく並ばないとご本殿前に進めないようです。

かれこれ10分ぐらい。

混雑してる中、ルイくん大人しくだっこされてじっとしてくれました。
そしてルイくんも一緒に、合格祈願と家族の健康をお祈り。

 

おみくじをひき、学業のお守りと学業鉛筆を買いました。

半分は試験会場に持ち込めるよう無地になっている、学業鉛筆。

これで、本番までもう少し頑張ってね。

 

ルイくんをお迎えするまでは、よく京都や奈良へ神社めぐりをしてましたが、犬連れでの参拝は初めてでした。

京都天満宮はカートも可とありますが、段差や本殿前の人込みを考えると、抱っこの方が参拝しやすいなと思いました。

お寺や神社によって、同伴ルールが違ったり、同伴不可の所もあるけれど、平等院など境内も散歩可の所もあるようですね。

これからも他の参拝者の迷惑にならないように、ルイくんの負担にならない程度に、他のスポットにもお出かけ出来たらいいな。

 

帰りは、嵐山・高尾パークウェイのドッグランへ。

ドッグランは無料ですが、嵐山・高尾パークウェイの通行料がかかります。

ゲートが3重にあって、物々しいなと思ってたら、鹿・猪対策らしいです。
さすが、山の中のドッグラン。

小型犬用エリアと中・大型犬エリア分けされてて安心。

しかし、広い。

自然いっぱいのロケーション。

とんびが飛んでるよ。

戻ってこないくらい、広い。

あんたそんなに走る犬だったのか、ってびっくりするくらい走り回ってました。

いつもの散歩がさぞかし物足りないでしょうね。
小さいとはいえ、力を持て余してるに違いない。

ロケーションが良くて、人ものびのびリラックスできるドッグランでした。