ルイくんと暮らす毎日に

わんことの暮らし、好きなもの、いろいろ綴ります。

FARMER'S KITCHENで犬連れでランチ

大阪彩都のthe FarmにあるFARMER'S KITCHENへ。

the Farm~昔は、田舎にある園芸店だったけれど、年々拡大されて今は植物の販売だけでなく、カフェや、いちご狩り農園、ヤギ、ウサギ、ミミズクがいたりと、ファミリー連れで楽しめるスポット。

ドッグランも出来たりと、最近は犬連れも多くなったなと感じます。

今回は、わんちゃんと食事できるPET CAFEへ行ってみました。

通常のカフェは何度か来たことがあるけれど、犬連れのカフェ利用は初めて。

事前に電話したときは、予約いっぱいでしたが、待つと順に入店できるとのことだったので、店に到着するとすぐにカフェへ。

犬なしの入店は、機械による発券だけれど、犬連れのペットテラスは紙に名前を書いて順番待ち。

意外にペットテラスの方が早く、10分ほどで席に案内してもらいました。

マナーパンツ着用要なので、入り口で確認されます。

リードなしエリアと、リードありエリアがあり、リードなしエリアへ。

小型犬なので、抱っこして店内から奥のペットエリアへ進みます。

スロープを進んで、ゲートがある右手のリードなしエリアへ。

斜面やトンネルもある広々した空間。今は水がないけどプールもあって楽しそう。

意外と席数も多い印象。この日は10人ほどの団体客がいたけれど、他にも5組くらいは座れるテーブルがあるみたい。

落ち着いて座れるかと思って一番奥へ。

奥だから、虫が多いのは誤算だったけれど、ルイくんはリードを外してもらってごきげん。

怖がったり、吠えることもなく、大分と他の犬や新しい場所に慣れたね。

スプーンやフォーク、水はセルフなので、入り口近くまで取りに行く。

ルイくん、トコトコついてきて、周りのお友達にあいさつ。

 

ルイくんには小型犬用のわんちゃんプレート。

美味しそうなんだけれど、食べ慣れてないからか、食べてくれなくて残念。

お家でも食べムラがあるし、結構好き嫌いが多いのだろうか。

 

食べ終わって、周りを探検。

リードなしで、自由にウロウロできるのがいいね。

広いし、写真映えしそうな小屋とかあるし、「遊んでくれないかなー」と思うけど、ルイくんはニオイ嗅ぎに夢中。

無理に小屋に入らせてみたけれど、不本意そう。

斜面の方へも登って、ひたすら嗅いでました。

最近は、お散歩でも嗅ぐのに集中しているから、あまり他のわんちゃんに過敏にならなくなってきたし、本当に嗅ぐのが好きだね。

色々嗅いで、満足そうなルイくんでした。

犬の幼稚園で呼び戻し練習、名前呼びすぎてる?

犬の幼稚園、気の合うお友達と遊んだそう。
仲良く走り回ってる姿を、動画で送ってくれた。

お散歩では、そこまでじゃれ合って遊べないから見ていてほほえましい。

これはうれしいだろうなぁ。

お散歩にも連れて行ってもらって、とっても楽しそうだったルイくん。

家で呼び戻し練習で反応してくれないと相談したところ、呼び戻しの練習もしてくれた。

 

「名前を呼んでも、反応が少し薄いですね。あまり自分の名前によい印象を持ってないのでは?名前を呼びすぎてて雑音みたいになっているのかもですね。名前を呼ぶ回数を減らすことをお勧めします。」

えー、でも名前はしょっちゅう呼んじゃうな。

「おいではどうですか?」

「おいでは、まずその意味から教えないとだめですね」

 

そんな話をして帰って家で気をつけていると、

いたずらしてるとき「ルイ!」、

困ることをするとき「ル~イ?」

って、ついつい呼んでるのに気づいた。

結構、家族みんなしょっちゅう呼んじゃってる。

逆に、いい意味で声をかける時は、

「カワイイー」とか「エライ!」って言って、「ルイ」って名前を呼んでない。

そりゃあ、名前にいい印象持ってないなぁ。

それからは、怒る時に名前呼ぶのやめようねと、みんなに話す。

でもつい呼んでしまう。

 

トレーナーさんは、「ルイくんはとってもかしこい子ですね」、「学習スピードが速い」って、いっぱいほめてくれる。

散歩に連れて行ってくれた時の動画もくんくんニオイを嗅ぐルイくんを「かしこいなー、えらいなー」ってずっと褒めてくれてた。

ほめてしつけるとは、このことね。

ほめ上手、見習いたいな。

お家で呼び戻しの練習。

名前を呼んで手をたたいてみる。

「コッ、コッ」って、舌を鳴らすといいって言われたけど、大きな音で鳴らしにくい。

けど、手がふさがってたら確かにたたきにくいな。

 

来たらお菓子をあげたり、ほめてあげたり、いいことがあるようにするのが大事なのだとか。

今はまだ他に気になるものがあったら、無視されてなかなかすぐ来てくれないけど、来てくれるように繰り返しやってみよう。

 

そんなルイくん、構っての意思表示もはっきりしてきた。

お仕事中、「遊んで」。

 

また、朝の忙しいときには、「靴下取ったよ」って自分から教えに来てくれる。

忙しいので、追いかけないでいると、また見せに来る。

何度も見せに来る。

遊んでほしいんだね。

 

朝の陽ざしのひなたぼっこが、お気に入りの最近のルイくんです。

 

 

 

意思表示する犬、ルイくん

唸る、噛む、ルイくんの意思表示。

 

最近夫が朝、散歩に連れて行ってくれるようになった。

その1日目、行きたがらなくてリードをつけさせてくれない。

その日は私が抱っこして渡して、連れて行ってもらったけれど、2日目も夫が連れて行こうとすると逃げる。また私が抱っこして渡そうとすると、唸って夫の指を軽く噛んだ。

 

他にも、普段からルイとよく遊んでくれるけれど、遊び方の激しい娘が遊ぼうとしたらルイに軽く指を噛まれた。

しつこかったのか、しばらく唸られていた。

噛んだり、唸ったりは、今までなかったので、家族も悲しそう。

 

犬の幼稚園に預けるときに聞いてみた。

 

「あー、嫌だったんでしょうねぇ。」

「今まで我慢してたんでしょうね。でも、こういう学校に来て他の社会も見て、ルイくんも自信をつけたんでしょうね。意思表示するようになったんでしょうね。」

えー!っとびっくりする私。

「意思表示自体は悪いことじゃなくて、ちょっと人間が気を付けたり、妥協してあげたりすると、ルイくんのストレスも減りますよ。」

なんと、犬も成長すると自己主張するのか。

成長が目に見えて出てきてるってことなのね。

今まで我慢してたのか。

これからはルイくんの意思も尊重してあげないとな。

夕方家に帰って、また家族に唸るルイくん。

家族にドッグトレーナーさんに言われた話をしてみた。


「なんかね。今まで我慢してたみたいよ。犬の幼稚園に行って、自信がついて意思表示できるようになったみたい。ルイくんにもちゃんと意思があるから、ちょっと人間も嫌な気持ちに気づいてあげて、妥協してあげるといいみたい。」

すると、ルイくんが「ブホッ」。

「そうだよ」って言ってるみたい。

それから、娘もやさしくなった。自分の都合で遊ぶんじゃなくて、気遣いながらやさしくなでてあげている。二人の間の空気が変わった。

すっかり仲良くなって、ルイくんも唸らなくなった。

娘が帰ってくると、喜んで迎えに行き、ゴロンして自分からお腹なでてって見せるようになった。

パパとの散歩もすっかり日課になって、ルイくん朝起きたら伸びをして、パパの部屋へトコトコ。

いつも平日は夜のお散歩だったので、明るい光の中の散歩はルイくんも満足そうだ。


前から表情が豊かだなとは思っていたけれど、嫌なこと、してほしいこと、気づいてほしいことなど、ルイくんの気持ちが伝わりやすくなってきている気がする。

 

1歳になって大きくなったのもあるかもしれないけど、コミュニケーションのトレーニングをしてもらっている成果もあるのかな。

「ルイ、かしこくなったなあ」

これからも、仲良く、心地よく、みんなで過ごせたらいいね。

 

 

ルイくん、1歳のお誕生日おめでとう!!

10・16はルイくんのお誕生日でした。

初めて出会ったのが去年の12月。

めちゃくちゃ小さくて、手足も短くて、ポテポテ歩いてたのがかわいかった。

1月に家に来てくれたけど、初めてのわんちゃんだからわからないことだらけ。

おしっこそそうしたり、うんちまみれにしたり、初めてのお散歩は怖がって歩けなかったり…

そのたびに洗濯したり、拭き掃除したり、歩く練習したり…

すごく忙しかったけど、毎日毎日いろんな表情を見せてくれるのがかわいくて写真ばっかり撮ってたな。

トイレの失敗がなくなったら、ぐっとお世話が楽になった。
おもちゃでコミュニケーションが取れるようになって、楽しくなったね。

 

いたずらしたり、

おねだりしたり、

家族のご飯を欲しがったり、

いろんなルイくんが見られて楽しい。

 

体も大きくなって、走り回るのが好きなルイくん。

これからもいっぱい遊びに行こうね。

 

ケーキで1歳のお祝い。

ハッピーバースデー歌ってるそばから待てなくて、ケーキをペロペロ。

初めて食べさせたけど、夢中で食べていたから、わんちゃんのケーキって美味しいんですね。

 

幼稚園からお誕生日プレゼントをもらいました。

私はプレゼントまで考えてなかったから、ちょうどよかった。

バースデーカードもデータで送ってきて下さって、まさに至れりつくせり。

コングのおもちゃ、ロープのおもちゃ。

ノーズワークのおもちゃ。

ルイくん、いっぱいおもちゃをもらってご機嫌なお誕生日でした。

 

 

 

犬の幼稚園、登園するルイくん

前回の一日体験後、人(犬)が変わったように落ち着いたルイくん。

ドッグトレーナーさんに、飼い主も犬も色々な事を教えてもらった。

購入ペットショップの特典もあって、初回クールは半額になったので、とりあえず通ってみることに。

 

1回目トレーニン

最初は興奮して吠えたらしいけど、その後は落ち着いて過ごすことが出来たそう。

犬慣れと、オスワリ、フセのコマンドをトレーニングしてもらった。

前から声掛けでは出来ていたけれど、手の動きだけでも出来るように。

声で言われるより、動きを見て出来た方が、外で急なことがあったときにも速く反応できるそう。

 

2回目トレーニン

苦手なワンちゃんと、平気なワンちゃんの区別がついてきたそう。

やっぱりグイグイ来たり、吠えたりするタイプは苦手らしく、相性の良いわんちゃんと遊ばせてくれたみたい。

最近は涼しくなって、遅い時間に散歩しているわんちゃんが少なくなってきた。

ルイくんも寂しそうだったから、遊べるわんちゃんがいてよかった。

 

この日は、週末に大きな犬に興奮して呼んでも戻ってきてくれなかった事があったので、呼び戻しの練習と、大きな犬に慣れるトレーニングをしてもらった。

ルイの4倍くらいありそうなスタンダードプードルちゃん。

安心できるようにサークル越しに、触れ合わせてくれたそう。

これは助かる。

見慣れない大きさや犬種のわんちゃんに慣れてくれたらいいなあ。

最初は吠えてたけれど、そのうち気にならずに隣で過ごすことが出来たみたい。

 

それと呼び戻しのトレーニング。

お家でも練習してみて出来るようになると、外でも戻ってきてくれるそう。

でも興奮する前に指示を出した方がいいのだとか。

 

早速、家でもやってみた。

最初は家の中で、リードをつけてその範囲で行うといいと言われたけれど、リードをつけると外に行けると思うのか、私のそばに来てしまう。

なのでリードなしで、ちょっと離れたところから呼んでみた。

今までも、呼んでこれたらお菓子をあげるようにしていたので、来るには来るけど、素早さがない感じ。

これからも繰り返し、やってみよう。

幼稚園に行くと色んな刺激がもらえるな。

なんだか急にルイくんがお利口になった気がするよ。

 

今まで出来てなかった「マテ」も何気に指示を出してみたら出来たのでびっくり。

えー、めちゃくちゃかしこい。

とっても嬉しくなった飼い主でした。

 

 

 

 

ドッグランのある彩都なないろ公園へ

週末に家族と、箕面市の彩都なないろ公園へ。

ここは無料のドッグランがあるよと、近所のお友達から聞いていたので、涼しくなったら来てみたいなと思ってました。

駐車場も無料なので、気軽に寄れるのがうれしい。

ドッグランの半分は急斜面。

小型犬のわんちゃんが、5頭ほど遊んでいました。

入ると、わんちゃんたちがあいさつにきてくれる。

すごくみんなフレンドリー。ルイくんも吠えないで、スムーズに輪に入れました。ニオイを嗅いだりして仲良く遊んでる。お友達が気に入ったようで、追いかけっこしてる。

しばらくすると、大型犬のわんちゃんが遊びに来ました。
あれ、小型犬と、中・大型犬エリアに分かれていると聞いていたけれど?

後で気づきましたが、小型犬エリアは手前の小さいエリアだったようです。あまりに小さくて草も茂っていたので、そこもドッグランのスペースとは入る時気づきませんでした。

 

ルイくん、最初は吠えなかったのですが、他のわんちゃんが吠え出した途端、

「ワンワンっ!」って吠え出して、大型犬のわんちゃんを追いかけだしました。

あまりに急だったので、私と家族はびっくり。

それまで登ろうとしなかった急な斜面を駆け上がり、大型犬を吠えたてて追いかけます。

「ルイ、おいで!」

声をかけても、興奮していて戻ってこない。

相手のわんちゃんは落ち着いていて構わないようにして逃げてくれているけど、何かあったら困る。

斜面の上まで登っていって、だっこして引き離す。

それでも興奮しているのでドッグランを出ることにしました。

いつもと違うルイくんにびっくりする私たち。

最近は落ち着いていて、あまり吠えることはなかったのにな。

そういえば、前も室内ドッグランで最初仲良く遊んでいた時に、別のわんちゃんがきて他の犬が吠え出すと、急に先頭に立って吠え出したことがありました。

犬の集団に入ると、何かの役割を果たそうとするのかな。

さっきは、気に入ったわんちゃんが先に怖がって吠えたので、まるで追い払うかのように向かっていきました。

「野性的で猟犬のようだったな」と家族が言うように、ほんとにマルチーズ?って思うような行動。

「大型犬のわんちゃんには悪かったな」と思いつつ、ドッグトレーナーさんに「触れ合わせる犬は選んだ方がいい」と言われたのを思い出しました。

3か月までにいろんなわんちゃんと会って社会化を身につけた犬はいいけど、ペットショップからお迎えしたわんちゃんは難しいのだとか。

飼い主が、犬同士触れ合わせる環境を選んであげるのが大事なんですね。

 

彩都なないろ公園は、ドッグラン以外にもスロープの道があって犬の散歩にちょうどいい。

森林浴に、人間もリフレッシュ。

ルイくんも楽しそう。

この日は曇りでしたが、展望台もあって大阪平野を一望できます。

そしてルイくんは、自然いっぱいの所に来ると野生に戻りすぎて、草むらにすりすりしたり、急な枕木の階段を駆け上がったり。

あー、止めてって思ってたら、

引っ付き虫まみれ。

あー、めちゃくちゃ汚い。楽しそうだけど。

お家に帰ってお風呂に直行。引っ付き虫をとるのが大変でした。

 

寄り添ってくれる犬、ルイくん

先週体調が悪かった娘、そんなときずっと寄り添ってくれていたルイくん。

 

お腹が痛いなと手で押さえていると、お腹に来てくれて温めてくれ、楽になったそう。

本当にルイ、優しいなって思ったらしい。

座ったり、横になったりすると、ぴたっと体をカーブに合わせて寄り添ってくれる。

寝ている時は横で、

椅子に座っている時は足元で、

そばにいてくれる。

それに気づくと、とても幸せな気分になる。

 

もともと、わんちゃんを飼おうと思ったきっかけは、娘が飼いたいと言ったのもあるけれど、調子の悪い家族のパート―ナー犬になってくれたらいいなと思ったから。

 

ペットショップで初めてルイくんを抱っこした時のこと。

小さいその生き物は、抱っこするとぴたっと私の胸に吸い付くように寄り添ってくれた。しっとりした何ともなじみ心地のよい感触。

私の心臓と、ルイくんの心臓が抱っこするとちょうど同じ位置で、鼓動の一体感を感じたのを覚えている。

このこがいいと思った。

 

うちに来てくれて10か月、お誕生からはもうすぐ1年。

ルイくんは、家族にとってかけがえのない存在になった。

ゴロンして、お腹を見せてくれるルイくん。

お腹をなでられるのが好き。

 

ベランダから、外を眺める。

ルイくんも、だっこされるのが好き。

 

もうすぐ1歳、すっかり家族の一員だね。

 

ルイくんが、来てくれてよかった。